合宿免許の荷物は宅配便で送る

合宿免許では、宿舎やホテル、旅館、ウィークリーマンションなどに泊まりがけで教習を受けることになります。

一般の人が受講するもののなかでも最短にあたるオートマチック車限定の合宿免許のプランであっても、卒業するまでには2週間程度は合宿が必要となってくるため、そのための着替え、身だしなみ道具、筆記用具、常備薬などといった荷物は、最低でも手元になければなりません。
2週間の合宿を想定しての荷物ですので、いかに少なくしたとしても、それなりに運ぶには手間になる量といえます。



そのため、合宿免許を取り扱っているドライビングスクールでは、事前に宅配便などで荷物をあずかっておき、当日に受け渡しをするというサービスをしていることが多いので、これを積極的に利用するのがよいでしょう。

学割がある免許合宿に関する疑問にお答えします。

とくに、合宿免許で自宅から遠く離れた場所の宿泊地まで出向かなければならず、電車やバスを乗り継ぐという場合には、このように荷物を事前送付しておく方法というのはたいへん便利なものといえます。

また、合宿免許の宿泊先には、建物内にコインランドリーが用意されているか、または建物の外ではあるもののごく近い場所にコインランドリーが開設されているということがほとんどですので、着替えの衣類については、必要最低限のものを準備すればよいでしょう。


ほかにも、施設によってまったく異なりますが、歯ブラシやくしなどのアメニティグッズが用意されている場合もありますので、確認をして不要なものはあえて持ち込まないというのもひとつの手段といえます。